充填機の導入で多ロットの委託充填(OEM)にも対応できるようになりました!

京都府 北野ラボ様

京都府にある北野天満宮の近くにお店を構える北野ラボ様。コンフィチュールを専門として扱われており、全国の果物を使ったパフェなどの販売やカフェを営まれています。また、他社製品の商品開発や委託充填(OEM)も行われています。ゼリーの充填にハンディタイマー充填機(4DT)をご使用いただいており、今回は製造現場を見学させていただきました。

充填機導入までの道のり

カフェの経営以外にも他社製品の商品開発も手掛ける北野ラボ様ですが、商品開発の一環で充填作業を委託されることも多く、小ロットから多ロットまで、幅広い充填に対応できるように充填機の導入を考えておられました。弊社の充填機は、7~8年前の展示会で見つけていただいたそうです。京都府の営業担当がデモンストレーションにお伺いさせていただき、多品種小ロットの充填に最適なハンディタイマー充填機(4DT)を導入していただきました。

得られた結果

充填機を導入したことによって、今まで受けられなかった仕事ができるようになったそうです。

例えば、20,000本のゼリーを作らないといけない場合、今までは1回1回秤の上に容器を置いて、手で充填を行っていたため、容器を拭く作業を含めると約6本/分くらいの生産スピードだったそうです。しかし、充填機を導入したことによって、生産スピードがなんと約4倍に!手作業ではどうしても間に合わなかった製造が、期限までに余裕をもって作れるようになったとのことでした!

オーナーの吉水様は、商品開発の一環で様々な形でお客様をサポートできたらと考えておられます。「手作業のときには受けられなかった多ロットの委託充填も、機械を導入したことで受けられるようになった。今後はロット数に関係なくお客様が望む形で充填作業のお仕事を受けていきたいと考えている。」とお話されていました。
 

営業担当からひとこと

常に様々なことに挑戦されている北野ラボ様。店の内装も非常におしゃれで、コンフィチュールはお土産としても購入できます。北野天満宮の近くまで来られた際はぜひ一度足を運んでみてください!

お客様がお使いの小型充填機はこちら

ハンディータイマー充填機 4DT/6DT

製品ページを見る