┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆ナオミの充填物語 ビフォー・アフター◆ VOL.0087 2014年3月号  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 充填機のナオミ ━━┛


 今月のテーマは・・・・。

「 高校生を持つ親御さんへ 」
特に高校生を持つお父さん、お母さんに是非知っていただきたいことがあります。
今、大学に入っても中退する人が2割近くもあり、その人たちが、ニートになる率が非常に高いそうです。

ただでさえ超高齢者社会に突き進んで行っているのが我が国の現状です。
若い人たちが働き手となってもらわないと未来の日本は大変なことになります。

それは、どんな子供にも十分に起こりうることなので、そうならないように
現状を親が、まず知ってほしいと思います。

では何故中退する人が多いのかというと、

1、勉強が全くついていけない。
2、描いていた大学のイメージと違っていた
3、一人暮らしの場合、自己管理ができなくて欠席してしまう
4、高校とは違ってクラスがないので友達ができず孤立してしまう

他にもありますが、上記の理由で大学1回生のうちに辞めてしまう場合が多い
ようです。

就職のミスマッチの前に大学のミスマッチもあり、どちらにしても
名前だけで選んでいる、何も調べないで大学を選んでいる
ことに大きな原因があるようです。

それと、高校卒では、求人がとても少ないこともあって、行きたくもないのに
とりあえず大学へ行くのも、ひとつの原因です。

自分がどう生きていきたいのか、何をしたいのか、そんなことを考えることを
しないで、大学選び、会社選びをしようと思っても、とても
難しいだろうなあと思います。
自分の基準がないのですから・・・・。

それは若い人だけのせいではありません。
8割近くが教育制度の問題で、2割くらいが本人の問題と聞きました。
実際、私が講演をさせていただいた高校で、アンケートを取ると
半分の生徒さんが、「なんとなく生きてきてしまったけれども
それではダメなんだと思いました」と書いてくれます。

きっかけがあれば、気づく子供はたくさんいるのです。
ただ、知らないだけ。
そのために働くことの不安感を、むやみやたらに抱いてます。

自分の親からは、働くことのしんどさ、辛さばかりを聞くし、
そんな状態で働きたいと思う方が無理だなあと思うのです。

私は、働くことはしんどいことばかりではないと思っています。
しんどいけど楽しい。
そういう大人の話をもっともっと聞かせてあげる必要があると思います。
そして、働くことは生きることであって、それを含めて多くの大人が
若い人たちに語ってあげないといけないと思うのです。
今は、高校でも大学でも、そういう場はありません。
子供たちが知っている大人は、親と先生と、ほんの少しの人。
尊敬する大人や、本気で生きている大人に出会える確率はあまりにも
低すぎます。

こんな人になりたいと思えるような人がいると、生き方が
明確になりますが、お手本になる人が周りにいません。
これでは、どうやって生きていったらいいのか考えることもしないし、
分からないのは無理からぬことです。

そして親は、いまだに名前の通った大学、会社に入ったら幸せになれると
真剣に思っている。
とっくにそんなことは無くなってしまっているというのに・・・・。

本当に、真剣に学んでほしいのは親なんです。
今、日本の大学はどうなっているのか、就職はどうなっているのか。
現状が分かれば、名前ではない、その子にとって本当は何が幸せなのかが
見えてきます。

どんな生き方があってもいい。
失敗したっていい。
生き方を途中で変えてもいい。
周りにとらわれないように生きる。
自分が好きなことをする。
そんな風に考えが変わっていくはずです。

子供たちは、細い細い道をはみ出さないように生きています。
その道をはみ出せば下は崖だと、生きては帰れないと思っています。
だけど、そうでしょうか。

崖だと思っていたけれども道と同じ高さにある周りは平坦な広々した場所なんです。
踏み外しても、けがもしない、いつだって戻れる。
世界は、自分が勝手に決めつけているだけなんです。

親は、子供がどんな道を選ぼうと見守り、信頼しつづければ、子供はきっと
強く生きていくと思います。
親が教えなくてはならないことは、子供が自分を信じる力です。

自分を信じ、自分を愛している子は、どんな嵐も乗り越えて行けます。
それには、子供に考えさせる、選ばせる、失敗してもいいんだと言って
あげることが小さいころから必要だと思います。
そして、あんたは絶対に大丈夫だからと言ってあげることです。

どうか、お父さん、お母さん、大学、就職の現状を知る努力をしてください。
驚くような現実を知ります。
そして、何が大事なのかお父さん、お母さんにも考えてほしいです。

あなたの大切な子供が、自分の力で人生を歩んでいけるように。
一人でも多くの若者が笑って生きていけるように。

================================================
          ただいま人材募集中!
      株式会社ナオミの採用サイト「ナオミビト」をご覧下さい。
              詳しくはコチラをクリック!
================================================