┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆ナオミの充填物語 ビフォー・アフター◆ VOL.0095 2014年12月号  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 充填機のナオミ ━━┛


 今月のテーマは・・・・。

「自分のために生きるとは?」


最近、あるニュースを見て衝撃を受けたことがありました。

それは、ある病院で死を目前に控えた患者さんに、今までの
自分の人生について語ってもらったものでした。

もちろん人それぞれに色々な物語があるのですが、ある共通項が
あるとのことでした。

それは「もっと、自分に正直に生きればよかった」とか
「他人の目を気にすることなく自分らしくすればよかった」などの
後悔ともとれる発言が多かったことです。

なんと80%近くの人が、異口同音に発言しておられるのです。

男性の場合は、「仕事のみに重きを置き過ぎた。もっと家族との
時間を大切にすごせばよかった」と言う発言も多いとの事でした。

私も自分を振り返って、この事を考えてみました。

小さい頃から、よく親に言われたのは
「人に迷惑をかけてはいけない」
「学校を休んではいけない」
「つらい時こそ弱音を吐かずに頑張らないといけない」

などの、何々をしてはいけない!と言う言葉でした。

それを不思議とも思わずに、生きてきたんですが
最近になって、多くの素晴らしい人達に出会う機会をいただき
自分の中で、今の状態が本当に自分に正直に生きているのか?
と言う疑問が頭をもたげてきたのです。


自分が、自分を認めているのか?と言う疑問など、
考えもしなかった事でした。
それほど、何も考えずに生きてきたのかと思うとゾッとします。


例えば「人に迷惑をかけてはいけない」と言うことにしても
「人間、生きていく事は、きっと誰かに多少なりとも迷惑をかけているの
だから、他人に迷惑をかけられたとしてもある程度は許しあうことが大切だ」
とかに変換したら素敵なのに・・・。


そして、最も大切なポイントである「自分の心に正直に生きる!」と言う
簡単そうで、実は多くの人が実行できていない事実に気づく事。


これに関して、私は実行に移すことにしました。
もちろん100%、自分の心に正直にと言うのは流石に無理がありますが
より100%に近づけていきたいと思うようになったのです。


具体的には、考え方をシンプルにするという作業からスタートしました。
つまり、なにか物事をするか?しないか?
もしくは右に行くべきか?左に行くべきか?

に迷った時に、自分の心が「気持ちいい!」と
感じるほうを選択するようにしたのです。
その選択が、好きか?嫌いか?と考えるのも良いと思います。


この考え方を実行するようになってから、すべての物事が驚くくらい
スムーズに流れはじめたのです。


私は、自分が死ぬ時に「ああ、おもしろい人生だったなあ」と
思いたいし、多くの人も、そう思って最後を迎えることが出来たら
イイのにと思います。


自分の心に正直に生きるってことは、極めてシンプルなのだなあと
少しづつではありますが、理解できて楽しくなってきたのは
紛れもない真実なので、これからも他人の目を気にしすぎて、本来の
自分の心と違った選択をしないように生きていきたいと思っています。


追伸
実は、今回のメルマガを書いたのは、駒井ではなく専務の川田でした。

================================================
          ただいま人材募集中!
      株式会社ナオミの採用サイト「ナオミビト」をご覧下さい。
              詳しくはコチラをクリック!
================================================