┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆ナオミの充填物語 ビフォー・アフター◆ VOL.0127 2017年11月号  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 充填機のナオミ━━┛

「 新人教育 」

今回は、ナオミの新人教育についてお伝えしたいと思います。

先日、中途採用で、営業として2名、ナオミの仲間に加わりました。
実は今まで、ナオミには、きちんとした新人教育体制がありませんでした。

なぜなら、これまでは、まずは売上を立てなければならず、
そこを優先してきたからです。

ブランディング化も確立し、後回しになっていた
新人教育(社員教育)や風土改革をようやく始められる時が来たのです。

新人教育の大きな目的は、みんなと信頼関係を作ること、
チームの一員として、会社を自分事として捉えられるようになることです。

以前は、新人は採用後、すぐに担当部署に入ってしまい、
他部署の人たちとの関わりを、なかなか持つことができませんでした。
そのため、馴染むのに時間がかかっていました。

そこで今回からは、いろんな部署の人と話す機会をたくさん作るようにしました。

まずは、昼ご飯を、営業・技術・販売業務・経理・購買・マーケティングなどの
部署ごとで、日替わりで一緒に食べることにしました。
一通り、全員と話をすることで、お互いが声をかけやすくなればと考えたのです。

また、年に1回~2回行っている行事で、「ナオミの日」という(※全員を6チームにランダムに分け、1日仕事をしないで本音でいろんな話をする)ものがあるのですが、
その短縮版(定時後2時間半ほど)を定期的にすることにしました。

そうすると、仕事の考え方や、仕事以外の人となりが分かり、
より親近感を持つことができます。

アウトプットの時間を事あるごとに作り、
コミュニケーションを深めていけば、信頼関係も、
今までよりもずっと早く、構築できるのではないかと考えています。

それから、座学も無かったので、最初に会社の歴史、仕事の姿勢、
思想、ナオミビトとしてあるべき姿、CSR活動「学び舎傍楽」などの
ことをきちんと伝えて、ナオミに対する理解を深めてもらいたいと思っています。

今回、新人教育についてあれやこれやと考えていると、
今までにナオミに入社してくれた人には、丁寧に教育ができていなかったなあと、
少し申し訳なくなりました。

それで、新人だけではなく、今いる人たちにも同じように改めて、
座学などは行っていきたいと思っています。

入社初日は、会社の歴史の座学をしました。
終了後、感想を聞いてみました。

「先輩たちが、どれだけ大変な思いをして、
ここまで作り上げてくれたのかがよく分かり、ナオミが身近に思えます。」

「たったひとりの人の力で、会社が大きく変わることに驚きました。」

「いままでの会社は、こんな風にやってくれたことが無かったので、嬉しいです。」

などの意見が出て、より会社やみんなのことを知りたいと
思ってくれたようでした。

次の日は、1日会議の日でした。
4つの会議があるなかで、3S会議・働き方改革会議・営業会議の
3つに参加してもらいました。

ここでも感想を聞きました。
「話している内容は、あまり分かりませんでしたが、
みなさんが自由に活発に発言しているのにびっくりしました。
前職の会議は、退屈でとてもしんどかったので、こんな会議もあるんだなあと思いました。」

「新人の私にも意見の場を与えてもらえ、楽しかったです」

今回は、分からないなりにも、空気感を味わうために、会議に入ってもらいました。
会社の内情をいきなり聞かされることは新人の方の場合、
普通の会社では、あまり無いことだとは思います。

けれども、問題点をどう解決しようかと前向きに考えて、
みんなが発言している姿を見ることは、ナオミを理解する上では、
大切な時間だと思ったので、参加してもらいました。

定時後は、「ナオミの日 短縮版」を行いました。
自由参加で、10人ほどが集まりました。

テーマは自由で、話したいこと、聞きたいこと、悩んでいること
などをみんなにあらかじめ紙に書いてもらい、話します。

こんなテーマが出ました。
・ナオミってどうよ?(笑)
・ナオミに入ったきっかけは?
・将来の夢
・結婚を決めた理由
・毎日必ずやっていること
他にもいくつか話をしました。

新人は、またもやびっくりしていました。
当然こんなことをする会社は、日本中探しても、あまりないでしょうから。
そして、ここで参加していた人との距離が、一気に縮まった感じがしました。

仕事以外の意外なエピソード、人となりが分かり、
各人の魅力に触れたことは、本当によかったと思いました。

2日間を通して、また2人に聞いてみました。
「ナオミは楽しいけれど、厳しい会社だと分かりました。
そして、本当の意味で、人を大切にする会社だと思いました。」

「初日に、厳しく注意されて落ち込みましたが、自分の
ために言ってもらっていることに気づき、ありがたいです。
また、その場で叱ってもらえることがありがたいです。
いままでの会社では、なかったことなので・・・。」

また、こんなこともありました。
2日目の朝、朝礼の体操での時間でした。
2人が少し気の抜けた体操をしていたので、後で呼んで、

「体操も仕事です。大きな声で掛け声をかけること。
 気合を入れた体操をすること。みんなを引っ張って
行くくらいの気持ちでやりなさい。」と注意をしました。

言ってもらわないと、分からないことばかりだと思います。
それは何も、新人だけではありません。
その人のために、その人がよくな

今回、私も時間を取って、しっかり関わっていこうと思っていますが、
こうやって一緒に過ごす時間があると、
私の方も彼らに対して愛情が湧き、一人前のナオミビトとして
育てなければと思えました。

信頼関係を早く作り、この人のために頑張りたいと
お互いが思えるようになれば、チームはより強固なものと
なっていくと思います。

これからも続く新人教育を、試行錯誤しながらも、
みんなで、より良いものに作り上げていきたいと思います。

================================================
          ただいま人材募集中!
      株式会社ナオミの採用サイト「ナオミビト」をご覧下さい。
              詳しくはコチラをクリック!
================================================

>メールマガジンのバックナンバーに戻る