• お知らせ
2016年9月30日 プレスリリース

これまでは手作業で強いられていたナッツや大豆などの充填 日本初、振動を利用した小型充填機を新開発

~地方の雇用を支える中小食品メーカーの雇用環境の改善と生産量拡大を支援~

                                                                   2016年9月30日  株式会社ナオミ

 

小型充填機のNO1企業、株式会社ナオミ(本社:大阪府箕面市 代表:駒井 亨衣)は、これまで難しかった壊れやすい粒や固形物の充填ができる振動フィーダー充填機「FTZ」の一般発売を10月10日より開始します。振動を利用することでナッツや大豆などの充填物を傷つけず、素材の風味や形を壊さずに容器につめることが特長です。スイーツやコーヒー豆など、地域の名産を少ない社員で製造する中小食品メーカーの自動化を通じて、地場産業の雇用環境の改善や生産量拡大による地方の活性化に貢献します。

 

 

  • 新製品「FTZ」


 

  • 手作業から機械化へ、現場の負担を軽減

地方では名産品を製造する食品メーカーが雇用の受け皿になるケースが少なくありませんが、高齢化により、長時間の立ち仕事が難しかったり、人口減少で製造に必要な人を確保できなかったりと、事業継続のネックになっています。
これまでの小型充填機は、スクリューで押し出す仕組みだったので、柔らかい粒や固形物が壊れてしまうため、手作業で容器詰めを行うことが一般的でした。当社は小型充填機専業のトップシェア企業として、3年かけて粒や固形物の充填ができる充填機を開発しました。

 

振動させる搬送部と、秤計量部の両立を実現

「FTZ」は、振動させる搬送部と、振動を嫌う秤計量部の両立を実現。微量な角度をつけたフィーダーを振動させることによって、充填物が前へ前へと送られていく仕組みになっていますので、圧力がかからず、固形物の形を壊さずに充填。また従来は、重量を計りながら充填速度を変えていたので、粉じんの舞い上がりがありましたが、本製品は、容器を手で持ちながら、重量を計量できる秤「片持ちロードセル」を使用することで、一気に充填物を排出することができ、舞い上がりを最小限に抑えます。合わせて、工具が要らず分解・洗浄が簡単ですので、現場の負担軽減に繋がります。

 

<会社概要>

名称 株式会社ナオミ
代表者 駒井亨衣
本社 〒562-0031 大阪府箕面市小野原東1-2-83
TEL:072-730-2703(代表) FAX:072-730-2777
関東支社 〒331-0814 埼玉県さいたま市北区東大成町2-218 サンライト1F
札幌営業所 〒007-0842 北海道札幌市東区北四十二条東9-2-1 1F
URL https://www.naomi.co.jp/
資本金 1,000万円
従業員数 38名(2016年9月30日現在)
事業概要
  • ポンプ・充填機その他産業機械の製造・販売

 

<お問い合わせ先>

株式会社ナオミ マーケティング・広報室

TEL:072-730-2703 FAX:072-730-2777

Mail:press@naomi.co.jp

お知らせトップへ戻る